交通事故調査員だった経験を活かした状態の症状チェック

被害者として次にどう動くべきか、その現状を現況カルテでご理解いただいても、

実際、何をどうすべきなのかについては、まだ十分に予測できない可能性もあります。

そこで私どもNPOでは、交通事故調査員である経験則を活かした具体的症状のチェックの「症状チェック」を行っております。

被害者の方には、あらかじめ必要最低限の項目を一緒にチェックするとともに、現段階で「何が必要なのか?」「何をするべきなのか」を一緒に考えて行きたいと考えています。

交通事故の損害賠償を行う上で、症状を証明することは重要です。 

やがて来る症状固定のための準備と考えてください。

 

さらに、症状固定段階の方であれば、後遺障害申請に伴う「後遺障害診断書チェック」を行っております。