まず、はじめに徹底したヒアリングが重要。

交通事故被害者は、現状認識もできないまま、保険会社にとっては日常の交通事故処理を、全く一回性、つまり生涯に一度の経験として対応させられます。既にこのような状態で対等な話し合い(示談)ができるはずもないのです。将来的には、どんな小さな被害でも被害者加害者双方が弁護士を立てて、係争するということもありえなくはないですが、費用対効果から考えても現実味はないでしょう。このような現状に対して、被害者は何をどのようにすべきなのでしょうか。

 

最も損な行動は、加害者側の言うとおりにすることですね。最も理知的な行動は、まず現状を知ること、どのような状況に置かれており、それを解決するにはどうすべきか、ということを把握することです。「まず、知ること」これが最も重要かつ基本です。

すべてはここからスタートしています。

そのため、ヒアリングには十分な時間をかけています。